Google
スポンサードリンク

無職を応援してみないかい?→banner2.gif

2007年12月21日

ADDについて考えた

はい。
ひさしぶりにわたくしの障害
ADDについてかんがえてみました

考えたといってもHPにいいのがあったので
ながめてただけです
はいこれ
http://homepage2.nifty.com/ryantairan/hazimeni1.html



今こういう人たちがいるんですねぇ

たしかに漫画家に多いですよねADD ADHDっていうのは





今、会社やめて これから何しようかって
考える時、

確かに不安もあるんですが、
こういったADDを応援してくれる人たちや、

僕が考えてるのと同じような思想、未来のビジョン、

志といいましょうか、

そういうのを持ってる人たちとネットでつながっていけるのが
凄く楽しいわけなんですよ。


ネットの力はすごいと思います。


なんというか キャッシュフロー もすごいんですが
お金は結局ただの道具でして
やはり人とのつながりでしょう。

現実の人間関係というのは 
常識にしばられすぎていて、
物事の本質をぼやかしてるだけのような気がするんですよ

実際会社には友達はいません。

それはしょうがないことだと思います
世の中がそういうシステムなんだもん

それから脱線してる人間なんて会社やめるしかないですからね

人間 年とると こういうことがわからなくなるんだろうなぁって
思いました。

人間30で世の中のことがわかって
あとは忘れていくだけ 

っていってる詩人もいましたよ
誰だか名前忘れましたけど。


おれより頭いいひとでも何かおかしぃですもん

年とるっていうのは

ごまかしかた が うまくなるんだよ 
といわんばかりですよ

嫌なんですよ

もう




めっちゃくちゃ楽しいことやって
夜ねるときに

あー早く明日ならねぇかなぁって
でも今日は楽しみまくってくたただ〜
おやすみ〜

みたいな毎日がしたい

お金はいらないです
こういう生活ができるんならね







あと今年残り10日ほどですね

僕のサラリーマン時代ももう少しで終わりです。

長かったw

つらくてしんどかったが これはけして無駄じゃないと
思ってます。

自分とむきあえたし 世の中もわかったし
タフになれた
自分が何をしたらいいかわかってきたし。

同じような考えをもってる人たちを見つけることが
できたし。




人間がもっとも快感を感じるときっていうのは
自分の才能を最大限世の中に貢献したときなんだってさ



僕はそれが



成功する




っていうことだと思ってます。

お金もちになるっていうのは
たいした問題じゃないです。

なったほうが成功しやすいからなるってだけで

ここら辺勘違いしちゃってる人多いですよ

お金がすきっていうのは悪いことじゃないけど
お金に支配されたら
つまんない人生になっちゃいますしね




posted by タカト at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

アスペルガー症候群

ADDの人が一緒に併発して、患っていることが
多いとされるアスペルガー症候群についてです
高機能自閉症ともいいます
知的問題のない自閉症のことです
知的問題がある場合はカナー症候群といいます

自分もこの病気かなと思ったんで
俺はひきこもりだ って自己紹介に書いてたんですが
アスペルガーに書き直してみました
ちゃんと病院にいって診断を受けたわけじゃありません
ただ
アスペルガーについて色々調べると
思い当たるふしがけっこうありました
一回 病院で診察してもらおうと思っているんですが
どうなんでしょう
誤解されやすい病気だし ちゃんとした病院あるのか
わからんし 
日本の精神科は信頼できそうもないです
行きづらいです

それと
ひきこもり という表現はなんというか
差別用語じゃないかと思いましたので書くのを
やめました 

社会とかかわりをもてない人?
のことをいうのでしょうか 
ひきこもりというのは
それの何が悪いのかがちょっとわからないのですが
もし悪いのであれば
なんらかの対策を社会がするべきだと思います

人間が苦しんで仕方なく社会に合せるのではなく
人間が住みやすいように
社会を変えていくべきだと思うのですが

それはまた別の問題なのでおいておきます
基本的に僕は考え方がアナーキーです

アスペルガーに話を戻します
アスペルガーの人は非言語コミュニケーションが
とてもとりにくいです
いわなければ その人が何を考えているのかが
さっぱりわからない
どれだけ考えてもわからない

というか普通の人はわかるんですかねw?
僕もわからないので
普通の人ってすごいなって思います

WIKIPEDIA からの引用です

彼らは、“大人の発言には掛け値がある”という疑いを持ちにくく、持ったとしても、はたして掛け値がどのくらいなのかを慮ることが困難であるため、発言者の願望を載せて物事を大げさに表現すると狙った効果は効き過ぎることになる。この傾向を助長するのは、健常者であれば日常生活で周囲の人の会話などから小耳に挟んで得ているはずの雑多な情報を、アスペルガーの人は(アスペルガー特有の“興味の集中”のため)“聞こえてはいる”ものの適切に処理することができず、いわゆる「耳年増」になれないから、ということかもしれない。

アスペルガーの人は、特異な言語感覚で話すことがある。 「水漏れ」を「水濡れ」、「阪神大震災」を「阪神地震」、「暴行」を「妨害」、「欲しがりません勝つまでは」を「勝つまでは欲しがりません」などと、微妙にニュアンスは合っているものの、他人と共有できない、もしくは理解に努力が必要な表現を使うことがある。また、漢字を読むのにも「格闘技」を「かくとうわざ」と読んだり、音読みと訓読みを意図的に違えて発声する場合もあり、これのいずれにも共通しているのは、「水漏れ」「阪神大震災」「暴行」「かくとうぎ」「欲しがりません勝つまでは」という言葉を、本人はきちんと知識として認識していることである。にも関わらず実際に自分の口から発するときには、独自の語彙で表現することに固執するのである。

人と何かを共有するっていうことに対して
すごく抵抗感がある
といえばわかりやすいかもしれないですかね
とにかく嫌なんですよ
コミュニケーションは必要最低限でないと嫌です
なんでかって聞かれたらこまるんですが
ただ自分の興味のあることなら
永遠としゃべり続けます

小さいころですね 
5歳かそのくらいだったと思うのですが
(なんかこういう断片的な記憶は覚えてます)
シーソーをやっていたんですよ
友達と
わ〜いって(´∇`)ノ
でもなんというか
気分が悪くなってくるんですよね
焦燥感といいますか
で 途中でいきなりおりちゃったんですよ ば!って
相手はそのまま乗っかってるから
おりようとしたら自分の方の台が持ち上がるじゃないですか
だから足にひっかけて
けっこうひどい怪我をしてしまいました
怪我するってわかってておりたんですよ
なんかこわいですね
今はこういうことはさすがにないですが
こういうことをしてしまいそうで
怖くなることはあります

どうでしょう

ネットで
アスペルガーの方が
日常を書かれている
ブログを見てまわったのですが
人生つらそうだなぁと思いましたね

で 結論からいうとこういう人達はですね
自分もそうだから言ってしまいますけど
ほんと
興味あること以外やらなくてよし!って
感じですね
じゃないと つらいだけの人生になっちゃいます
興味のあることをやってる時って
それだけで幸せなのですよ

人とただ 合せるっていうのがすごくつらい
のなら もう 一人で生きるって決めて
つきすすめばいいと思いますね

ただもちろん人間は一人で生きてるわけじゃなくて
いろんな人の支えあいがあってなりたっているわけ
です
それはわかるんですが

なんといったらいいか

どうして必要じゃないことを共有したがるんですかね
例えば 同じ目的がある やりたいことが一致した
ブレインみたいな関係なら 
問題ないです
お互いに足りない部分を補いながら進めばいいわけであって
例えば 結婚するとしたら
パートナーとはこういう関係でいたいです

本田健さんって
「お金のIQ EQ」って本を書かれた方が
いるんですが
本の中で自分の夢を語っています
世界中の人が 自分らしくあることに意識を向けて
自分の好きなことをやっている世界。
そこではみんなが幸せに生活しているので 周りの人の
持っているものを奪うなんて考えもしません
他人の持ち物や才能をうらやんだりすることがありません
自分のもっているものに満足し
お互いのすばらしぃものを楽しみ 違いを尊重し
分かち合う

ぼくもそんな世界が理想ですね
みなさんはこういう世界をどう
思いますか?

またきてね→
無職を応援!→人気blogランキングへ















posted by タカト at 04:51| Comment(0) | TrackBack(1) | いろいろな病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

ADD(注意欠陥障害)

こんな本よんだんです
僕もADDです
P1010001.JPG
学校でも会社でもぼーっとしていて
整理整頓できない人とかいませんかね?
ただ だらしないというのではなくて
そういうことができない脳の病気なんです

若いころはこの病気に悩んだんですが
今年の五月ころにカウンセリングうけにいきまして
そこでですね

あ、そうかぁ 人間っていうのは
自分の特徴をいかすことをすればいいのだなぁと
思ったわけです
もしADDで悩んでる方がおられましたら
このサイトごらんください
http://www.happygenius.jp/000073.html

人間には顕在意識と潜在意識っていうのがあって
普段わたしたちは顕在意識でものごとを
考え処理しようとします
ただその時 潜在意識の影響を受けるので
もし潜在意識がネガティブな方向に傾きすぎていた場合
通常もっともよいだろうとされる考え方で処理することが
できなくなってしまいます
ベストを選択することができないわけです

サイコ サイバネティクス という思想があるのですが

たとえば
夢 をかなえようとする
でも潜在意識が そんなことできるわけないじゃん
と拒否した場合 その夢はかなわないわけです
人間は大人になってしまうと
顕在意識と 潜在意識の間に膜ができてしまい(物理的にあるわけではないです) 
潜在意識がネガティブな人間は一生そのままの人生をおくることに
なってしまいます

ただこの膜がなければ 私たちはものごとに優先順位をつけて
行動するということができなくなってしまいます
潜在意識はものごとを並列して考えるので
その並列したものの中で興味のあることに夢中になってしまい
それしかやらない
だから 段取りできまる 会社の仕事のようなことは
はっきりいってできない 整理整頓も苦手なのです

ADDとはまさにこの潜在意識そのものといえます
顕在意識と潜在意識の間に膜がないため

なんというか 常にゆらゆらしてるというか
人の話もうまくききとれないですね
興味のあること以外どうでもよくなってしまうのでw

ADDと非ADDの人はほんと 理解しあえないかもw
でもADDの人が世の中で成功するためには
非ADDの人間の力が必要になってくるのです
なぜかとういうと世の中は非ADDの人用に
作られているからです

非ADDの人の考え方はわかるのですが
非ADDの人たちはADDの人を理解しようとは
しないでしょうね だってほとんど非ADDなんだもんw

ただこれからのビジネス社会は
たんにモノをつくれば売れるというわけではないので
ADDの人間が必要とされるようになるだろうと
いわれています
独創的な考えが必要とされるからです
ネットビジネスをはじめようと思ったのもこれが理由の
1つです

昔から自分はちょっと独特な考えをもってるなぁ
と思っていたので しばらく ネットの勉強したら
いろんなことを試していこうと思っています
たぶん なんにもしてなくても脳みそが勝ってに
考えてくれると思います そんな感じなのです
もしでてこないのであれば たんに向いてなかったということ
違うジャンルを探せばいいだけだと思っています
ネットビジネスはさまざまなのでどんどん
チャレンジしていけばいいと思っています

今日はこの辺で
無職を応援→人気blogランキングへ




posted by タカト at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろな病気について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。